あゃの気まぐれ愛猫との日々

28年1月生まれの♀マンチカン・28年10月生まれの♂スコティッシュの愛猫、2月生まれの♂ボーダーコリーの愛犬との日々。初めての3頭飼いで旦那と2人で日々奮闘中。

ヴォル


お騒がせして申し訳ありませんでした(-_-;)
土曜日はあたしは出勤日で
引っ越したときからつけたいと思っていた太陽光の設置日。
旦那に太陽光お願いして
仕事してたら仕事終わる1時間前に電話がかかってきて
「ヴォルがいないんだけど」と。
家の中探したし、ご飯の袋カシャカシャしてもでてこないって。
ヴォルは基本外が嫌いな子で
ベランダ開けてても出入口でずっと待ってて
玄関でも嫌がる子だから
外は出たと考えれないけど屋根裏もいないし引き出しもいないみたいで
どのような状況でそうなったのか全然理解できず
玄関はあいてたの?って聞くと業者さんに聞きに行った旦那。
ちょっとの間あけっぱだってって言うから
門は?って聞いたら門はずっとあけっぱだったし
工事の音がすごく大きかったって言うから
外にでたんじゃないかと思って外探してってお願いして
仕事終えて家帰ったら「まだ見つからない」っていうから
家の近くを探して家の中を探してでも全然見つからないヴォル。
野良猫が多い近所だからもしのこと考えたら泣きそうで
もう会えないんじゃないかって考えたら不安になってて
必死に探してるのに何食わぬ顔してる業者さんにイライラして
いろんな感情がぐるぐるしてた。
もちろんもかとヴォルを隔離しなかった旦那が悪いけど
玄関あけっぱなしにするならひと言あるのがふつうだと思うし
いなくなったって知ってどうせ猫だから野良でも大丈夫だし
そのうちかえってくるでしょみたいな態度にムカついて
あたしが帰って来てあいさつしてもあいさつしないし
業者の前で思いっきり「業者選び間違えたね」って言っちゃた。
そんなんでヴォルが帰ってくるわけないし
もしのこと考えたら不安で不安で近くの動物病院に電話して聞いてみたり
少し前にもかとヴォルの首輪のことで
旦那と話して首輪をつけるのやめたんだけどそれを後悔してた。
後悔しても遅いのにその日明け方まで探して
日曜日もかの傷口みせに行く日だったから
それだけ行って帰って来てまたヴォルさがし。
旦那がヴォルにそっくりな子みつけたんだけど
ゴロゴロいってすり寄って来たけど鍵しっぽでヴォルじゃない。
時間がたつにつれてヴォルにもう会えないんじゃないかって不安のが大きくなっていって
近くに川が流れてるから流されたんじゃないかって考えたりしてたら
木の物陰にヴォルらしき子発見。
「ヴォル」って呼ぶと鳴いて反応してすり寄って来てくれた。
お腹が空いてたみたいですぐご飯の催促。
怖かったね。寂しかったね。ごめんね。ってたくさん抱きしめて
無事に戻って来てくれたことがすごく嬉しく安心。
 


ヴォルが見つかって旦那にも説教。
うちらももかとヴォルがいなくなったら困るけど
業者さんも困るんだからねっていったけど伝わったのかな(>_<)




やっぱ首輪と迷子札は何があってもつけとこうっと決めてさっそくネットで購入!
いつ届くのかな?早く届くといいな(*^_^*)
昨日の夜は旦那にべったりくっついて寝てた(*^_^*)




この姿見るとヴォルも不安で、心細い1夜を過ごしたんだなと再確認。
なにもなく元気で戻って来てくれて本当によかった!








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。